座長・発表者の皆様へ

利益相反について

1.利益相反について

第40回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会では公益社団法人日本皮膚科学会に順じ、本学会会員などの利益相反(Conflict of Interest、COIと略す)状態を公正にマネージメントする為、「医学研究の利益相反に関する指針の細則」を指針としています。

詳細は、下記のボタンをクリックいただき、公益社団法人日本皮膚科学会ホームページ上に掲載の「日本皮膚科学会COIガイドラインについて」をご確認ください。

日本皮膚科学会COIガイドラインについて

2.発表時における利益相反の開示

会員、非会員の別を問わず、筆頭発表者は該当するCOI状態について、発表スライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に様式1-A、1-Bにより、あるいはポスターの最後に所定の 様式1-Cにより開示していただきますようお願いいたします。

症例報告も含めすべての発表が自己申告の対象となります。ただし対象となるのは「発表内容に関連のある企業や団体」との関係のみです。関連があるかないかは発表者の判断にゆだねますが、ぜひ積極的な開示をお願いいたします。申告すべきCOIがない場合は「なし」と申告してください。

自己申告の基準については細則の第2条をご確認ください。

皆様のご理解とご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。